【2018年10月 レクサス新型RCマイナーチェンジ】エクステリアデザイン大幅変更されて新発売!

レクサスが販売するクーペ「RC」が2018年10月に大幅マイナーチェンジされて新発売される予定となっています。

レクサスRCはISのクーペバージョンになっており、販売台数こそ多くありませんが美しいエクステリアが特徴となっています。

そんなRCが2018年10月のマイナーチェンジでエクステリアデザインを大幅に変更して新発売されるます!

今回はそんな新型RCの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年10月 レクサス新型RCマイナーチェンジでエクステリアは?

去年のマイナーチェンジではエクステリアに変更はなくナビ画面拡大など小規模改良となっていました。

すでにISは大幅にエクステリアデザインを変更していましので、がっかりされた方も多と思われます。

そんなRCも2018年のマイナーチェンジでエクステリアが大幅変更されます♪

フロント周りの変更点は?

まずヘッドライトは新デザインとなり、NXやLCなどの小型LEDユニットが配置されます。

またアロー型ポジションライトはバンパーからヘッドライト内に移動されて一体化。

レクサス車の特徴であるスピンドルグリルは上方向に縮小されてグリル下にダクトが配置されます。

バンパーサイドのダクトは大型化されてより迫力のあるフロントデザインになります。

そしてウィンカーもポジションライト移動によってヘッドライト内に配置されます。

リア周りの変更点は?

ヘッドライト同様リアテールランプデザインも変更され、ウィンカーがテール下部に配置され電球からLEDに変更されます。

バンパーにも手が加わり、ブラックアウト処理部分が拡大され左右にダクトが配置されることで、低重心なデザインに生まれ変わります。

新色や新デザインアルミホイールも!

  • F SPORTでは専用の19インチアルミホイールを採用
  • ボディカラーに新色「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」

新型レクサスRC マイナーチェンジでインテリアは?

前回のマイナーチェンジではISに採用されていながら採用されなかった部分があります。

  • センターコンソールの「ヒーターコントロールパネル」「オーディオパネル」をヘアライン調のデザイン
  • センターコンソールの両サイドに大型化したニーパッド

またRCの兄貴分であるLCと共通となるアナログクロックを新たに採用

走りの質の向上!

2.0リッターターボエンジンに改良がはいり、馬力などに変更はありませんがアクセルレスポンス改善によってダイレクトな加速感を実現!

それにともない燃費は悪化されます。

  • ブッシュの高剛性化
  • 改良型ショックアブソーバーを採用。19インチホイール装着車にセットされるタイヤはグリップ性能の高いものを新採用
  • チューニングされた足回りはフラットな車両姿勢と高い運動性能を両立している。

2018年10月 レクサス新型RCマイナーチェンジで「RC-F」がパワーアップ

  • 2UR-GSE V型8気筒DOHC
  • 最高出力: 477ps
  • 最大トルク:54kgm

今や珍しい自然吸気5.0Lエンジンを搭載しています。

このRC-Fもベースモデル同様のエクステリアデザイン変更がされます。

それと同時にエンジン出力向上が行われます。

  • エンジンバランス取り
  • パーツ精度向上
  • チタンマフラー採用

これらの改良によってプラス10PSアップの487PSにパワーアップされます!

Carbon Exterior packageでウィングも?

上記の改良に加えて「Carbon Exterior package」ではCFRP製のリアウィングが採用されると情報があります。

現行モデルのCarbon Exterior packageでは格納式リアウィングがCFRPに変更されているのですが、2018年マイナーチェンジでは固定式の大型ウィング用意されるようで、強力なダウンフォースを発生させます。

現行モデル同様ボンネット・ルーフはCFRPを引き続き採用。

2018年10月 レクサス新型RCマイナーチェンジで安全装備は?

2017年のマイナーチェンジでLexus Safety System +が標準装備となりました。

  • プリクラッシュセーフティ
  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)(LDA)
  • オートマチックハイビーム(AHB)
  • レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)

これらの機能でドライバーの安全運転をサポートしてくれます。

マイナーチェンジで期待されるのが第二世代Lexus Safety System +ですが、今回のマイナーチェンジでは採用が見送られます。

電動パーキングはどうなる?

ベースモデルとなっているISが電動パーキングの採用がなかったため、新型RCマイナーチェンジでも電動パーキング搭載はないと思われます。

またアダプティブハイビームシステムについても現在は当サイトの情報が入ってきていません。

販売価格は?

エンジン トランス
ミッション
駆 動 価 格(消費税込み)
RC350 “version L” 2GR-FKS
(3.5ℓV型6気筒)
8-Speed SPDS 2WD(FR) 6,726,000
“F SPORT” 6,902,000
6,086,000
ハイブリッドシステム 駆 動 価 格(消費税込み)
RC300h “version L” リダクション機構付のTHSⅡ
(2AR-FSE 2.5ℓ直列4気筒)
2WD(FR) 6,380,000
“F SPORT” 6,360,000
5,740,000
エンジン トランス
ミッション
駆 動 価 格(消費税込み)
RC300 “version L” 8AR-FTS
(2.0ℓ直列4気筒ターボ)
8-Speed SPDS 2WD(FR) 5,940,000
“F SPORT” 5,920,000
5,300,000
エンジン トランス
ミッション
駆 動 価 格(消費税込み)
RC F “Carbon Exterior package”

2UR-GSE
(5.0ℓV型8気筒)

8-Speed SPDS 2WD(FR) 10,594,000
9,824,000

上記は現行モデルの価格表となっています。

現行モデル+10万前後となります。

すでに安全装備などは標準化されていますので、そこまで大きな価格上昇とはなりません。

まとめ

「【2018年10月 レクサス新型RCマイナーチェンジ】エクステリアデザイン大幅変更されて新発売!」はいかがでしたか?

前回の改良ではエクステリアははそのままナビ画面と安全装備の標準化と小規模な物でしたが、今回はエクステリアデザイン大幅に変更されるので、賛否がわかれると思われます。

すでにレクサスSCには情報が入っており、SC内でも賛否のあるエクステリアとなっているようです。

また細かい点ですがエアコン操作パネルがISのようにヘアライン加工されていないので、ここの質感向上してもらいたいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする