三菱 パジェロが2016年10月27日に一部改良マイナーチェンジ!装備・価格は?

シェアする

001_o

三菱が販売する人気フラッグシップSUV「パジェロ」が一部改良マイナーチェンジを受けてることがわかりました!

新色の追加とインテリア質感向上がメインになっており、大きな変更はないようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パジェロの一部改良マイナーチェンジでは何が変わるの?

まずロングボディの「スーパーエクシード」と「エクシード」に新しいボディカラーが設定されます。

トップ画像のパジェロの「ディープブロンズメタリック」が設定されて販売され落ち着いた大人のボディカラーになっています♪

また室内の質感向上は、

  • ロングボディーのエクシードと「GR」
  • ショートボディーの「VR-I」「VR-II」

ドアトリムの一部に合成皮革を採用することでインテリアのグレードアップがされました。

この合成皮革は以前はスーパーエクシードに設定されていたものと同じです♪

  • GRグレード
  • VR-Iグレード

にはセンターパネルをピアノブラックに変更することで更に質感向上させています。ピアノブラックはカッコいいのですが細かい傷が目立つてしまいますよね・・・

7インチWVGAディスプレイナビゲーションシステム「MMCS」は操作性の向上も盛り込まれているので使いやすく進化します!

販売価格はどうなってる?

ショートボディー

  • VR-I(3リッターガソリン):292万6800円
  • VR-II(3.2リッターディーゼル):400万1400円

ロングボディー

  • GR(3リッターガソリン):327万7800円
  • GR(3.2リッターディーゼル):375万1920円
  • エクシード(3リッターガソリン):383万9400円
  • エクシード(3.2リッターディーゼル):428万2200円
  • スーパーエクシード(3.2リッターディーゼル):495万1800円

情報まとめ

「三菱 パジェロが2016年10月27日に一部改良マイナーチェンジ!装備・価格は?」はいかがでしたか?

一部改良ですので大きな変更はなく、新色追加と室内の質感向上だけですので、大幅な変更は「パジェロ」のフルモデルチェンジを待ちましょう!

三菱燃費不正問題で信用を失ってしまいましたが、いい車が多くメーカーの味が出ているので何とか盛り返してほしいです。

デリカのフルモデルチェンジなど話題になるので、ここからの企業戦略でこの先の三菱がどうなるかです・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です