新型 カムリ 2017年7月にフルモデルチェンジ!スペック・燃費・発売日は?

シェアする

トヨタが販売するハイブリッド専用セダン「カムリ」がフルモデルチェンジされることが判明しました。

北米で人気のカムリは、3.5L V6エンジンを搭載していますが、新型では廃止されるようです。

日本ではマークXとSAIの販売が終了するので、カムリに力を入れて販売するようです!

新開のプラットフォームとハイブリッドシステムを採用して、新発売される新型カムリの今わかっている情報まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型カムリのエクステリアは?

「アンダープライオリティ」と呼ばれるバンパーサイドを立体的に見せることにより、TOYOTAの「キーンルック」を際立たせるようになっている。

新プラットフォームの採用でフードと全高を低く抑えつつも、室内空間は犠牲にしない作りになっています。

ボディサイズ

  • 全長:4,860mm
  • 全幅:1,840mm
  • 全高:1,440mm
  • ホイールベース:2,825mm

大きくなるボディは国内では少し大きめに感じます。

レクサスGSとほとんど変わらないサイズになっており、実車をみたら迫力がありそうです!

ただマークXと統合されて販売とのことですので、FRセダンが消えていくのは少し寂しいですね・・・

フルLEDのヘッドランプ・テールランプ

ヘッドランプとテールランプはフルLED仕様になっており、ヘッドランプはオートハイビーム仕様になっている。

欲を言えばアダプティヘッドランプが良かったですが、コスト的な問題なのでしょう。

ハリアーなどで採用される流れるウィンカーについても採用はないようです。

新型カムリの日本仕様エクステリアは?

遂にトヨタから日本仕様のエクステリアが公開されました!

フルモデルチェンジされて販売されるカムリですが、日本仕様は上記の落ち着いたエクステリアデザインの方になるようです。

上級グレードでは18インチアルミ、それ以外は17・16インチ仕様になる模様です。

公開されているボディカラーレッドのモデルはスポーツグレードのようで、日本では後で追加販売がされそうです。

TRD仕様やモデリスタ仕様も公開

質感高いインテリアに注目

  • カラーヘッドアップディスプレイ

大型のガラス直接投影型を採用しており、スピード表示・ナビ案内・各種インフォメーションを表示することができます。

  • マルチインフォメーションディスプレイ(メーターパネル内)

7インチのモニターが搭載されており、ナビ顔負けの画面サイズになっています。

ナビを見なくてもある程度の情報はこの画面だけで賄えそうですね!

  • 8インチオーディオビジュアルナビゲーションシステム

インパネに綺麗に収まったナビゲーションは、各種ツマミやメッキ装飾されたボタンで一体感があります。

メーカーオプションのナビなのか標準装備なのかは不明ですが、かなりの質感になっておりレクサスでも負けてる車種がありますね。

次世代インターフェースとして新型カムリに用意されます。

9

  • 電動パーキングブレーキ

近年採用が増えてる電動パーキングブレーキとオートホールドも採用されます。

オートホールドをオンにしておくと停止時にブレーキを強く踏むと、自動的に停止状態をキープしてくれる便利機能です。

また電動パーキングブレーキとオートホールドが採用されるってことは全車速追従クルーズコントロールも搭載されます。

  • アンビエントライト

助手席側にはアンビエントライトが搭載されており、青色の光が確認できます。

もしかしたら他の場所にも搭載されているかもしれませんね。

  • ツインルーフ

オプション選択になりますが、開放感抜群のツインルーフが設定されるようで人気が出そうです。

新型カムリの日本仕様スペックは?

日本仕様では引き続き2.5L NAエンジンとハイブリッドの組み合わせだ。

新開発された直列4気筒2.5L直噴エンジン「Dynamic Force Engine」とハイブリッドになります!

日本仕様スペック

  • 直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン D-4S
  • 最高出力:176ps/5700rpm
  • 最大トルク:220Nm/3600-5200rpm

このエンジンに組み合わされるのが「新型 2.5L Dynamic Force Engine用THSⅡ」になっており、小型・軽量・低損失化技術とTNGAによる新型エンジンの高い燃焼効率と高出力を実現しています!

海外仕様のガソリン車には「Direct Shift-8AT」を採用するが、日本仕様のミッションはCVTになります。

  • 新型カムリ予想JC08燃費:30.0km/L

安全性も向上

scoop810

今回のフルモデルチェンジではTNGA-Kプラットフォームを採用することで、高剛性・軽量化・開発費の削減など次世代のシャーシになります!

第一弾は新型プリウスに採用されていますね♪

レクサスでもLCやLSでも新開発プラットフォームの拡大が行われていき、今後販売される新型車は切り替わっていくでしょう。

セーフティセンスP搭載

  • プリクラッシュセーフティシステム
  • オートマチックハイビームシステム
  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付き)
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)

上記の機能が用意されて安心して運転に集中することが出来ます。

全グレード標準装備なのか気になるところです!

トヨタセーフティセンスCとPの違い!搭載車種・機能・性能は?

またオプション扱いになりますが、

  • ブラインドスポットモニター
  • インテリジェントクリアランスソナー
  • リアクロストラフィックアラート(RCTA)
  • リアクロストラフィックオートブレーキ

なども用意されるので、安全面ではトップレベルと言えるでしょう。

販売価格はどのくらいになる?

予想販売価格は、330万円~430万円の幅になります。

現行型+15万程度になります。

ただナビの標準化やグレード体系によっては、結構高くなってしまうかもしれません。

暫くしたらスポーツモデル追加?

発売当初はハイブリッドモデルオンリーですが、ダウンサイジングターボを採用したスポーツモデルが登場するかもしれません。

  • 2.0L直列4気筒ターボエンジン8AR-FTS
  • 最高出力:238ps/5600rpm
  • 最大トルク:35.7kgm/4000rpm

クラウン・ハリアー・NX・RX・IS・GSなどに搭載されているエンジンで新型カムリスポーツモデルで用意される可能性があります。

注目のカムリ情報まとめ

「新型 カムリ 2017年7月にフルモデルチェンジ!スペック・燃費・発売日は?」はいかがでしたか?

マークXなどと統合されて販売されるカムリなので、国内でも注目を浴びるでしょう。

最近のトヨタ車はレクサスにも劣らない装備・質感になってきてるのでレクサスが今後どのような進化をするか楽しみです。

日本ではいまいち存在感がないカムリですが、新型では注目されて売れて欲しい車ですね♪

最近のトヨタは良い車を作ろうとしているのが伝わってきますので、期待しながら待ちましょう。

Gb3AT6bO

↑↑その他トヨタ車の一覧はこちら↑↑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です