2017年 新型ベンツ AMG E63 / E63S ステーションワゴン発売!搭載エンジンやスペックは?

シェアする

Mercedes-AMG-E63-S-Wagon-2018-02s

メルセデスベンツは2017年3月に開催されるジュネーブモーターショーにて新型AMG 「E63 ステーションワゴン」「E63 S ステーションワゴン」の発表を行います!

Eクラスセダンをベースに使い勝手を向上させたモデルにハイパワーなAMGが追加されることで、利便性と走行性能の両立が実現しています。

今回はそんな新型AMG 「E63 ステーションワゴン」「E63 S ステーションワゴン」の搭載エンジンやスペックを見ていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型AMG 「E63 ステーションワゴン」「E63 S ステーションワゴン」のエンジンは?

搭載されてのは新開発V型8気筒 4Lターボエンジンになっています。

グレードによって馬力が違うので注意が必要です!

  • E63
  • V型8気筒 4.0L ターボエンジン
  • 最大出力:571ps/76.5kgm
  • トランスミッション:9速AT
  • 駆動方式:4WD「AMG Performance 4MATIC+」
  • 0-100km/h加速:3.6秒
  • 最高速度:250km/h(リミッター動作)
  • E63S
  • V型8気筒 4.0L ターボエンジン
  • 最大出力:612ps/86.7kgm
  • トランスミッション:9速AT
  • 駆動方式:4WD「AMG Performance 4MATIC+」
  • 0-100km/h加速:3.5秒
  • 最高速度:250km/h(リミッター動作)

また基本的には4-MATIC(4WD)になっていますが、ドライバーの任意でFR駆動に切り替えることが可能になっています。

また馬力以外にも

  • E63:機械式ディファレンシャル
  • E63S:電子制御式ディファレンシャル

の違いがありますので乗り味も変わってくると思われます!

走行に関係するスペックは?

Mercedes-AMG-E63-S-Wagon-2018-06 Mercedes-AMG-E63-S-Wagon-2018-08

まず目を引くのが黄色に塗られたキャリパーでしょう!

  • フロント対向6ピストン
  • リアシングルピストンキャリパー

になっており強大なパワーをしっかりと受け止めるハイパフォーマンスブレーキを採用。

またE63Sにオプション選択になりますがカーボンセラミックブレーキも選択可能です!

またサスペンションはエアサスになっておりAMG仕様に合わせて最適にチューニングされています。

AMG ダイナミックセレクトでシーンに合わせて特性変化!

20150527_technology_814x443_06

●Comfort
快適性と燃費重視のモードです。
●Sport
ワインディングなどでスポーティなドライビングが愉しめるモード。
エグゾーストサウンドは控えめなままで、3ステージESP®はON。
AMGパラメーターステアリングのパワーアシストがロードフィールを高めるために減少します。
●Sport+
AMG V8ならではのエグゾーストサウンドとともに、サーキットなどでよりダイナミックなドライビングが愉しめるモード。3ステージESP®はONのままです。
●RACE
サーキット走行のためにすべてのパラメーターが変化するモードです。
● Individual
エンジン/トランスミッション、サスペンション/ステアリング、3ステージESP®、エグゾーストなどのパラメーターを個別に設定できます。

マフラー音もセレクト切り替えで変化するので状況に応じて、使い分けることが出来るのは嬉しいですね!

情報まとめ

「2017年 新型ベンツ AMG E63 / E63S ステーションワゴン発売!搭載エンジンやスペックは?」はいかがでしたか?

2017melse-020422

エクステリアに目が行きがちですが、内装もカービン素材をふんだんに使ってAMGモデルをアピールしていますね。

ステアリング形状も変更されてアルカンターラ素材が採用されてます。

広大なラゲッジスペースも持つのでメインの車として使用しても不満はないでしょう!

エンジン始動時の爆音は閑静な住宅街では気が引けますが、やはりAMGモデルには一度所有して乗ってみたいものですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です