三菱 新型エクリプス クロス 2017年発売!エンジン・価格・装備は?

シェアする

日本市場でも人気のSUVジャンルに、三菱も新型車を投入してきます。

クロスオーバーSUV「新型エクリプス クロス 」です!

RVRとアウトランダーの中間をうめるモデルになっていて、ライバルはハリアー・CX-5などになっています。

今現在判明しているエンジン・価格・装備などを詳しく見て生きたいと思います♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

三菱 新型エクリプス クロスのエクステリアは?

三菱のデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」を採用して迫力のあるフロントフェイスになっています。

横から見ると後ろから前に落ちるようにデザインされていますね♪

正にクーペSUVフォルムといった感じ!

リアウィンドウを上下分割してその中心にテールランプを配置しています。

チューブ式LEDを採用しており夜間では綺麗な発光をします。

エクステリアデザインは2015年ジュネーブモーターショーで発表された「XR-PHEV2」とほとんど変わらないで市販化されています!

最近の車はコンセプトカーから大きく変更しないで市販化されるのが多い気がします。

レクサスLCもコンセプトデザインのままといっていいくらいでしたからね!

この三菱 新型エクリプス クロスのレッドカラーも拘りのある塗装になっているようです。

新開発ボディカラーのレッドは、通常の上塗り塗装の上に、さらに半透明のレッドとクリア層を塗り重ねることにより、深みがあり彩度が高い高品質なカラーとしています。

引用元 三菱ニュースリリース

各メーカー赤に結構こだわっているのが最近の流れみたいですね。

マツダを筆頭に赤を選ぶ人が増えてるのかな?

ボディサイズは?

  • 全長:4,405mm
  • 全幅:1,805mm
  • 全高:1,685mm
  • ホイールベース:2,670mm
  • トレッド 前/後:1,545/1,545mm

三菱 新型エクリプス クロスのインテリアは?

水平基調をベースにデザインされておりブラックとシルバーを使い分けたインテリアになっています。

ピアノブラックパネルとシルバーラインの組み合わせは高級感を演出してますね。

またナビ操作はレクサスのようなタッチパッド方式になっているのも確認できます!

パーキングブレーキも電気式を採用しています。

ナビはスマートフォンと連動できるApple CarPlay・Android Autoに対応しており、タッチパッドでも操作可能になっているようです。

  • 電話をかける
  • メッセージを送受信する
  • 音楽を聴く

などスマートフォンを操作しないで行えるため利便性は勿論、安全運転にもつながります!

さらにカラーヘッドアップディスプレイも搭載することで、各種情報を視線移動しないで確認することが可能。

後部座席も快適に!

人を乗せない時に長物収納可能な6:4分割機能は勿論採用してます。

  • ロングスライド
  • 多段階リクライニング機構

などによりクーペスタイルですが十分なレッグスペースを確保すると同時に、頭上空間も狭くならないように工夫されています。

新型エクリプス クロスに搭載されるエンジンは?

搭載されるエンジンは2種類でダウンサイジングターボとクリーンディーゼルの二本立て!

  • 1.5Lダウンサイジング直噴ターボエンジン
  • トランスミッション:CVT
  • 2.2Lクリーンディーゼルターボエンジン
  • 最高出力130 kW(177 PS)/ 3,500 rpm
  • 最高トルク380 N・m(39.0 kgf・m)/ 2,000rpm
  • トランスミッション:8AT

世界で販売されるので日本仕様はどのようになるかまだ不明。

しかしマツダ勢はクリーンディーゼルが好調なのを踏まえて、日本でもガソリン・ディーゼル両方ラインナップになると思われます。

全車電子制御4WDになっており、車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」を採用する!

  • ハンドル角
  • ヨーレイト
  • 駆動トルク
  • ブレーキ圧
  • 車輪速

などの情報を瞬時に読み取って駆動に生かすシステムになっており高い走破性能を発揮します。

またボディ剛性にもこだわっており、

  • ボディのフロント部に3点式ストラットタワーバー
  • リヤ周りを重点的に構造用接着剤

の高剛性ボディと最適化されたサスペンションの組み合わせで、乗り心地と走行性能の両立が実現しているようです。

PHEVは開発中止!?

コンセプトモデルを発表した時点ではPHEVの設定もあったようですが、燃費不正問題などがあったため開発の絞り込みの影響で販売されないようです。

しかしアウトランダーPHEVの評判はいいので、もしかしたらマイナーチェンジを切っ掛けに追加される可能性もあります!

最新情報が入り次第お伝えします。

発売日や価格は?

現時点では2017年後半の発売が有力になっています。

価格についてもRVRとアウトランダーの中間価格になると予想される!

全車4WDですので、250万円~300万円の価格帯になるのではないでしょうか?

情報まとめ

「三菱 新型エクリプス クロス 2017年発売!エンジン・価格・装備は?」はいかがでしたか?

ここ最近のSUVブームは収まることがありませんね!

レクサスでも販売台数の多くがNX・RXなどのSUVモデルになっています。

またC-HR・ヴェゼル・CX-5・XVなど各社から個性的なクルマが販売されており、三菱がどのように戦っていくか楽しみです♪

また最新情報が入り次第お伝えしますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です