燃費27.0km/l突破!?新型ステップワゴン ハイブリッド 2017年9月発売予定!!

シェアする

5

「セレナ・ヴォクシー・ノアのように唯一ハイブリッド設定がないステップワゴンです。

ダウンサイジングターボも、車に興味がないユーザーにとってはメリットが伝わりにくく販売が好調とはいえませんね。

ノア・ヴォクシーでは39%がハイブリッドが占めてるデータもありますので、ステップワゴンにハイブリッドの設定が急がれるところですね!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型 ステップワゴンに搭載されるハイブリッドとは?

キャプチャ

搭載されるシステムは、オデッセイHVにも採用された2モーター式ハイブリッド機構「i-MMD」が搭載される予定になっています。

簡単に説明すると、モーターの作動領域が長くバッテリー段量が減ってきても、エンジンで駆動することなく発電に回す設計になっています。

高速道路などではモーター走行は効率が良くないので、速度が一定を上回ると、エンジンとクラッチが繋がりロスの少ない走行が可能!!

このホンダ独自のシステムが、新型ステップワゴン ハイブリッドに搭載される見込みになっています♪

エンジン・モータースペック・燃費

  • 1.5L 4気筒エンジン
  • 最高出力:132ps/6,600rpm
  • 最大トルク:15.9kgm/4,600rpm
  • 走行用モーター
  • 最高出力:184ps/5,000rpm-6,000rpm
  • 最大トルク:32.1kgm/0rpm-2,000rpm

強力なモーターアシストによって3000cc並みの動力性能を発揮することができるようになっています。

さらにEV走行モードも搭載するので静かに走行することも可能です。

新型ステップワゴン ハイブリッドでは、エンジンとモーターを効率よく使用することができるので、ライバルのヴォクシー・ノアハイブリッドのJC08燃費23.8km/lを大幅に上回る、JC08燃費27.0km/l突破するとみられています。

img03

オデッセイと同じく、リチウムイオンバッテリーと制御ユニットの搭載位置も3列目シートや荷室空間を犠牲にしないように、フロントシート下に配置することでガソリン車と変わらない空間を確保します。

コストを考えると1モーター式か?

現在では1.5Lエンジン+1モーター2クラッチ式と2.0Lエンジン+2モーター式のどちらにするか検討しているようで、最終的には1.5L+1モーター&2クラッチ採用の可能性が高いみたいです。

ユニットの小型による恩恵で4WDにも対応しやすいことや、モーターの出力・トルクアップで1.5Lエンジンをカバーする方針のようです。

2モーター式のほうが燃費・動力性能・レスポンスなどが有利ですがコスト面や搭載スペースの関係で難航している!

ステップワゴン ハイブリッド追加時は外装も一部変更か?

pic_styling_gallery_01

新型アコードに採用された新デザインヘッドライトが、ステップワゴンにも採用される情報があります!

マイナーチェンジではハイブリッドの追加だけではなく、エクステリアの一部変更も盛り込まれているので可能性は高いですね♪

情報まとめ

「燃費27.0km/l突破!?新型ステップワゴン ハイブリッド 2017年9月発売予定!!」はいかがでしたか?

現在、セレナなどのライバルに販売台数で負けているステップワゴンには、ハイブリッドモデルの投入が大きな起爆剤になると思われます。

燃費27.0km/lを達成できれば大きなアドバンテージになるのでホンダには頑張ってもらいたいですね!!

2016年8月にはセレナがフルモデルチェンジされましたので、出し渋っていたら完全に負けてしまいますから早く販売してもらいたいものですね。

実際に車一括査定を申し込んでみた!一番高い買取業者は!?

zkPn_JD1

↑↑その他ホンダ車の一覧はこちら↑↑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です