雨で見にくいサイドミラーの水滴を撥水コーティングで解決!!

シェアする

DSC_0399

「これで完璧!正しいフロントガラス撥水コーティングのやり方と種類」でガラスの撥水が完了して雨天時の視界が良好になったと思いますので、今回はサイドミラーに注目してみましょう!!

このように雨の日は、サイドミラーに水滴がついてしまい非常に見にくい経験は、車を運転する人は経験してると思います。

車のサイドミラー形状によっては、走行風である程度飛んで行ってくれるのですが、私が乗っているステップワゴンは全然飛んで行ってくれません・・・

雨の日、サイドミラーに水滴がついてる状態で昼間は勿論、夜間走行になると後ろの車のヘッドライトは乱反射してしまい、車線変更の後方確認がしにくため安全運転の支障になりますね・・・

車庫入れの際も街灯などで反射して見えにくくヒヤっとしたこともありますね!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サイドミラー水滴解決策は撥水コーティングしましょう。

DSC_0389

サイドミラーの水滴対策として、ガラコなどフロントガラスに使用した撥水コーティングなどでは余計に見えにくくなってしまうのでNG!!

サイドミラーの水滴対策品として、親水性のコーティング剤などの種類があります。私が使用した感じ、効果があるにはあるのですが満足のいく持続がなかったです・・・

そこで今回紹介する商品は「カーメイト(CARMATE) エクスクリア ゼロワイパー サイドミラー用」をおススメしたいと思います!!

ガラコなどと同じ撥水コーティング剤なのですが、この商品は段違いの撥水力でサイドミラーに一切水滴を寄せ付けません!!

同じような「ガラコ ミラーコートZERO」もありますが、カーメイトの方が容量が多いのでお得な感じになってますし、価格も1000円も出せば購入できます。

(普通車サイズのサイドミラーで約20枚分)

サイドミラー撥水のための下準備

「キイロビンでフロントガラス油膜の除去方法」で使用したキイロビンを使ってサイドミラーの油膜を落としていきます。

サイドミラーの油膜はフロントガラスと違って比較的簡単に落とすことができますが、注意点として、着色・撥水加工・メッキタイプのサイドミラーにたいしてキイロビンなどは使用できませんので、施工前に自分の車を確認してください!!

完全に油膜が落ちたサイドミラーは親水状態で見えやすくなっていますが、すぐに汚れてしまいますので、油膜落としたら撥水コーティングしていましょう。

サイドミラー撥水の施工方法

サイドミラーの油膜が落ちたらいよいよ撥水コーティング剤をスプレーしてくだけですが、ここでも注意点がありますので順番をおってみていきましょう。

サイドミラーをマスキング

この撥水スプレーがボディやモール部分に飛び散ると白くこびり付いたりするので、説明書には記載されていませんが、広告や新聞紙をサイドミラー周辺に差し込んで、サイドミラー下にはティッシュやキッチンペーパーなどで吸い取れるようにするといいです♪

サイドミラーにスプレー

マスキングが完了したらスプレーしていきましょう。ここで満遍なくサイドミラー全体にスプレーしていくのがコツ!!

中途半端にスプレーするとムラになったり、白く濁ってしまいますので注意してくださいね。下にどんどん垂れていくと思いますが、先ほど準備したティッシュやキッチンペーパーが吸い取ってくれるので安心ですね。

この動画のように一切水滴がつくことがないので、雨天時の安全運転の向上につながり、精神亭にも目の疲れも軽減できますので、是非ともこの機会にサイドミラー撥水コーティングしましょう。

サイドミラー撥水のデメリット

こんな便利なサイドミラー撥水にもデメリットが存在しています。

その1

コーティング皮膜が弱いためちょっとでも触れたりすると、触れた部分の撥水コーティングが落ちてしまいます。洗車時や雪下ろしの際は注意してください。

有人ガソリンスタンドを利用する際にも店員さんに一言、言っておかないと拭かれてしまいコーティングが落ちます

その2

太陽の光やヘッドライトがサイドミラーに強く当たると白く濁ったように見えてしまう。

この現象も気になるときと気にならない時がありますが、特に夕方の太陽でよく気になりますね。ただ視界がゼロになるほどではなく見えにくいなー程度で済みます。

このようなデメリットが存在していますが、雨天時のサイドミラー水滴0を経験してしまったら、もう元のサイドミラー状態には戻れませんよ!!

最後にサイドミラー撥水のまとめ

「雨で見にくいサイドミラーの水滴を撥水コーティングで解決!!」はいかがでしたでしょう??

サイドミラーの撥水コーティングすると手放せなくなってしまいますよーーwこの撥水コーティングにもメリットだけじゃなくて、強い光があたると白くぼやけて見える時があるのですが、雨天時の水滴0に比べたらメリットが断然上回ります!!

このサイドミラー撥水の持続効果は一か月くらいと書かれていますが、ちゃんと施工すれば私の感覚で三か月は持続してますね。

さすがに時間がたっていくと、コーティング皮膜の劣化によって見えにくくなっていくので、気になる人は一か月単位で施工していくのがベストだと思います。

私は貧乏性なのでギリギリまで再施工しませんw半年近くはコーティングしままが多いですね

そのほかガラスの撥水や油膜落としの関連記事

「車のフロントガラス内側汚れを綺麗さっぱりする方法伝授!!」

「ワイパーするとギラギラ!?キイロビンでフロントガラス油膜の除去方法!!」

「これで完璧!正しいフロントガラス撥水コーティングのやり方と種類」

「簡単にフロントガラス曇りを退治!具体的なやり方とは??」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です