新型 カムリ 2016年後半にフルモデルチェンジされてTNGA-Kプラットフォーム採用!

シェアする

2016t-camry-01

トヨタが販売するハイブリッド専用セダン「カムリ」がフルモデルチェンジされる情報が入ってきました!

北米で人気のカムリは、3.5L V6エンジンを搭載していますが、新型では廃止されるようです。

新開のプラットフォームとハイブリッドシステムを採用して新発売される新型カムリの今わかっている情報まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型カムリのスペックは?

キープコンセプトで開発されているため。外観は一目でカムリとわかるデザインになっていますね。

しかし若者をターゲットにしているため、クーペルックになっています。

2016t-camry-03

2016-t-camry003

ボディサイズ

  • 全長:4850mm
  • 全幅:1830mm
  • 全高:1440mm
  • ホイールベース:2820mm

搭載されるエンジンは?

2016-t-camry0016

北米使用は3.5L V6エンジンが廃止されて、2.5L直4ダウンサイジングターボが採用されるが、日本仕様では引き続き2.5L NAエンジンとハイブリッドの組み合わせだ。

日本仕様予想スペック

  • 2.5リッター直列4気筒DOHCエンジン
  • 最高出力:160ps/5700回転
  • 最大トルク:21.7kgf.m/4500回転
  • モーター 2JM型
  • モーター最高出力:143ps
  • モーター最大トルク:27.5kgf.m
  • JC08燃費:25.0km/l

エンジンはより低フリクション化されて燃焼効率の向上がされて、新型プリウスのハイブリッドシステムである最新型TSⅡを採用するだろう!

話題のダウンサイジングターボとは?ホンダやトヨタ車の車種・ターボとの違いは??

質感向上されたインテリア

2016-t-camry0017 2016-t-camry0018 2016-t-camry0020 2016t-camry-06 2016t-camry-07

メーターにはマルチインフォメーションディスプレイが配置されているのが確認できますね。

若者をターゲットにしているので、メーター照明のブルーが綺麗に輝いていますね。

日本仕様では一番上のメーターデザインになると思います。

安全性も向上

scoop810

今回のフルモデルチェンジではTNGA-Kプラットフォームを採用することで、高剛性・軽量化・開発費の削減など次世代のシャーシになります!

第一弾は新型プリウスに採用されていますね♪

新型カムリで「トヨタセーフティーセンスP」の採用が濃厚になっています!!

トヨタセーフティセンスCとPの違い!搭載車種・機能・性能は?

販売価格はどのくらいになる?

フルモデルチェンジされる新型カムリですが、エンジン・ハイブリッドシステムに大きな変更がなく、TNGAプラットフォーム採用で大きく値上がりはないとされます。

予想販売価格は、330万円~430万円の幅になります。

現行型+15万程度になりますね♪

2016年後半の販売が予想されており、一部では2017年9月との情報もでています。

注目のカムリ情報まとめ

「新型 カムリ 2016年後半にフルモデルチェンジされてTNGA-Kプラットフォーム採用!」はいかがでしたか?

次期マークXと共通の部分が多くなり兄弟車のような関係になるようですね。

日本ではいまいち存在感がないカムリですが、新型では注目されて売れて欲しい車ですね♪

最近のトヨタは良い車を作ろうとしているのが伝わってきますので期待しながら待ちましょう。

Gb3AT6bO

↑↑その他トヨタ車の一覧はこちら↑↑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です