マツダ アクセラ 2016年7月マイナーチェンジ! 1.5L ディーゼルエンジン・G-ベクタリングコントロール追加

シェアする

002_o

上質な走りとインテリアで人気のマツダ アクセラですが、2016年7月14日にマイナーチェンジ。

マイナーチェンジで外装は、フロントバンパーのデザイン変更・ナンバープレートおよびエンブレムの位置変更がされます!

さらにLEDヘッドライトの搭載でより安全なナイトドライブを可能にしています!

LEDヘッドライトはHIDと違い、つけた瞬間に最大光量が出せるのがいいですね♪

「LEDヘッドライトって明るいの?HIDとの比較・実際に装着してみた!」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016 マイナーチェンジで注目の1.5L ディーゼルエンジンとは?

P1J07642l_128-618x463

すでに海外モデルである新型Mazda 3(アクセラ)では、1.5L ディーゼルエンジンの搭載を2015年12月より販売が開始されています。

国内ではCX-3やデミオにも搭載されているエンジンになります!

SKYACTIV-D 1.5 1.5L DOHC デーゼル直噴ターボエンジン

  • 最高出力:105ps/4,000rpm
  • 最大トルク:27.5kgm/1,600-2,500rpm

この1.5L ディーゼルエンジンを搭載するグレードの追加で

  • SKYACTIV-D 2.2 2.2L DOHC デーゼル直噴ターボエンジン
  • SKYACTIV-G 1.5 1.5L DOHC ガソリンエンジン

2.0Lガソリンモデルはなくなるようです。

ディーゼルが1.5Lと2.2Lの2つから選択が可能になります。

パーキングブレーキ2.2ディーゼルモデルが電子式になり、そのたグレードは従来のレバー式にままとなります。

2016年マイナーチェンジで変わる新型アクセラの外装は?

009_o 010_o

  • グリルのデザイン変更
  • フォグランプ形状変更
  • フロントバンパー形状の変更

追加される新色
・マシーングレープレミアムメタリック
・ソニックシルバーメタリック
・エターナルブルーマイカ

廃止される色
・アルミニウムメタリック
・メテオグレーマイカ
・ブルーリフレックスマイカ

2016 アクセラのマイナーチェンジで追加される新技術は?

07

今回の目玉といえるのが、「G-Vectoring Control(G ベクタリング コントロール)」といえる技術になります。

簡単に説明すると、エンジン出力の制御によってシャシー性能を高め、まるで運転がうまくなったような錯覚になるものです!

09

10

16

車が自動的に最適な荷重移動をコントロールしてくれることで、コーナリングなどでロールを最小限に抑えることができます!

ですので車体のブレが少なくなり同乗者が車酔いになりにくくなるメリットがあります。

この制御でタイヤのグリップ力を効率よく使用することができるため、ステアリング操舵角の減少の効果もあります。

さらにコーナリング時だけではなく、直進時のステアリング操作もアシストしてくれるので、高速道路などの走行時に効果を発揮してくれますね!

33

3436

気になる価格と発売日は?

Mazda3Diesel-03s

気になる発売日ですが、2016年7月14日発売予定になっています!

すでにディーラーでは先行予約受付が開始されていますので、発売後すぐに納車されたい人は急いでディーラーに予約しに行きましょう。

FF駆動

  • SKYACTIV-G 1.5 ガソリン
  • 15C 1,760.000円
  • 15S 1,920,000円
  • 15S PROACTIVE 2,140,000円
  • SKYACTIV-D 1.5 ディーゼル
  • 15XD 2,300,000円
  • 15XD PROACTIVE 2,430,000円
  • 15XD L Package 2,690,000円
  • SKYACTIV-D 2.2 ディーゼル
  • 22XD PROACTIVE 2,780,000円
  • 22XD L Package 3,090,000円

4WD駆動

  • SKYACTIV-G 1.5 ガソリン
  • 15C 1,980,000円
  • 15S 2,140,000円
  • 15S PROACTIVE 2,360,000円
  • SKYACTIV-D 2.2 ディーゼル
  • 22XD PROACTIVE 3,000,000円
  • 22XD L Package 3,310,000円

2016年 アクセラ マイナーチェンジ情報まとめ

「マツダ アクセラ 2016年7月マイナーチェンジ! 1.5L ディーゼルエンジン・G-ベクタリングコントロール追加」はいかがでしたか?

大きな変更はこんな感じになっています。その他の変更点は

  • 道路標識認識機能とカラー表示に対応したヘッドアップディスプレイ
  • フロントドアポケットが400mmになることで利便性向上
  • 22XDグレードに4WDと新型ナチュラルサウンドスムーザーの設定
  • ドライブセレクションをSKYACTIV-G 1.5 グレードに追加
  • L Packageに設定されていたパワーシートを10WAY(記録機能付き)に変更
  • アダプティブLEDヘッドライトも設定

ついに日本でもの1.5Lディーゼルが追加されますね!いまのグレードでは2.2Lしかなかったですから、小さい排気量のディーゼルを選択したい人は多かったと思います。

ディーゼル特有の低トルクからの力強い走りは1.5Lでも十分ですからね!!

JC08モード燃費21.6km/Lですので文句のない低燃費に加えて燃料コスト安いですから最高です。

h7VuuUMV

↑↑その他マツダ車の一覧はこちら↑↑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 西崎達也 より:

    2リッターガソリン車は無くなりました。残念だけれど。
    ヘッドアップディスプレーがカラーになって、標識を認識してディスプレーに表示することができます。(グレードや装備によるが)
    パーキングブレーキは、2.2XDが電子式でその他はレバー式になっています。
    後は、内装に若干の手直しが入っています。

  2. 西崎達也 より:

    追記
    四駆モデルが1.5ディーゼル以外で選択することができます。又、1.5ディーゼルはATのみの設定になります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です