4月9日追記!電気自動車テスラ モデル3とはなに?航続距離やスペック詳細!

シェアする

01_m

テスラといえば電気自動車の専門メーカーで、モーターの特性をいかした加速性能が売りなテスラ「モデルS」が有名ですね。

このモデルSはスーパーカー並みの0~100kmまでの加速を3秒で完了するモンスターマシンです!

しかし価格は1200万円・車幅2.2m・車両重量2.6トンと価格も去ることながら、サイズや重量で通常の立体駐車場など利用できません。

そこで今回テスラは、一般ユーザーでも購入と維持がしやすいエントリーモデルの発売が決定しました!

そんなエントリーモデルであるテスラ「モデル3」の詳しい価格・航続距離・スペック情報まとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テスラ モデル3の加速性能と後続距離は?

00

この新型電気自動車のモデル3はエントリーモデルとはいえ十分な性能を誇っています。

まず電気自動車で気になる航続距離については、フル充電状態で345キロ以上の走行が可能になっています。

この後続距離は、同じく電気自動車である日産リーフの280キロを大幅に凌駕していますね。

テスラはモデル3の航続距離のについて今後伸ばしていきたいと発言しているので、オプションなどで追加バッテリーの選択ができるかもしれない!

テスラモデル3の航続距離は十分でしたが、加速性能はどうでしょう?

モデル3の加速性能は、停止状態から時速100kmまでを6秒以下を実現しています!!

さすがに兄貴分のモデルSの3秒には敵いませんが、大体スバルWRX STIの2リッター水平対抗ツインスクロールターボエンジン

最高出力308馬力のスポーツカーと同等の加速性能です♪

これだけの加速性能でしたら一般ユーザーでしたらまず不満はでないです。

しかも電気自動車はエンジンと違い、アクセル全開の瞬間に最大トルクを発生させますので、出だしのスタートが強烈ですよ!!

このように新型テスラ「モデル3」も航続距離や加速性能の高さが伺えますね。

テスラ独自の超急速充電ステーション「スーパーチャージャー」の利用も可能になっています。

テスラ モデル3の自動運転機能は?

Tesla-Model-3-9

テスラが話題になったのは自動運転機能を搭載しているからです。

このオートパイロットを簡単に説明すると、テスラのオートパイロットを起動するとインフォメーションパネルからステアリングマークが表示されてから、手と足を離すと車が自動で運転を始めます!

自動運転中は車に搭載されたカメラとレーダーで常に周囲を関知していて、道路標識なども読み取って、速度調節まで車が判断!!

ウィンカーレバーを操作すると、車が自分で判断して車線変更まで自動で行ってくれます!

このオートパイロットを使用してるときに少しでもステアリング操作をすると解除されるので安心ですね♪

この自動運転もテスラモデル3で標準装備しており、随時アップデートなどで機能が増える予定だ。

モデル3の安全性については、発表時に全カテゴリー 5つ星の最高評価取得を約束しています。

テスラ モデル3の価格と日本発売時期は?

Tesla-Model-3-5 Tesla-Model-3-4555

これまでテスラが販売する電気自動車は高性能でしたが価格が高価でしたので、一般ユーザーには中々購入できませんでした。

今回発表されたテスラモデル3は今までの車より安い、3万5000ドル!日本円で約400万円から購入可能です。

さらに日本では電気自動車購入の補助金が、今現在85万円でるので実質350万円以下で購入できてしまいます!!

この値段なら新型プリウスPHVや日産リーフなどの購入を考えてた人も検証してみる価値はありますね。

気になる日本での発売ですが、モデル3の生産が2017年末から開始されて、 アメリカ→ヨーロッパ→アジア・太平洋地域→日本などの右ハンドル仕様の順番になります。

テスラモデル3の日本発売時期は2018年末頃と予想されます!

まだまだ日本に入ってくるは遅いですが、これから日産ノートEVや新型プリウスPHVなど面白そうな車たちが登場しますので、テスラモデル3が日本で発売するまで吟味しましょう。

テスラ モデル3の情報まとめ!!

「予約殺到!電気自動車テスラ モデル3とはなに?航続距離やスペック詳細!」はいかかがでしたか?

各社共に電気自動車の開発に力をいれてきてます。

一昔前だとテスラのような電気自動車は夢のような車でしたが、バッテリーの生産コストの低下などによって、身近なものになりつつあります。

私個人的にはテスラ モデル3はかなり期待しています。

日産リーフは申し訳ないのですがデザインがダサい・・・

航続距離や値段はいいと思うのですが、フルモデルチェンジに期待ですね!!

新型プリウスPHVはデザインやバッテリーのみの航続距離など中々いい感じですね♪

なんにせよテスラ モデル3が日本にやってきたら試乗してみたですね。

「徹底解説!新型「プリウスPHV」フルモデルチェンジ♪航続距離・デザイン・価格は?」

「日本初!発電エンジン搭載の新型ノートEVの性能・エンジン・燃費・価格は?」

4月9日追記!新型テスラ モデル3試乗動画

順調に予約を伸ばしているモデル3の試乗動画が公開されました!!

加速の良さに同乗者たちが嬉しそうですね。この試乗動画では室内の大型ディスプレイなどがみてとれます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です