2018年スズキ 新型スペーシア フルモデルチェンジ!エンジン・燃費・価格・装備・発売日は?

シェアする

img01

スズキが販売するトールタイプ軽自動車「スペーシア」が2018年にフルモデルチェンジされる予定になっています。

2013年3月から販売されエネチャージなどを採用して燃費が良いのが特徴で、後期型になると進化させた「S-エネチャージ」を採用して、クラス最高JC08モード燃費がNA・2WD車で32.0km/Lを達成!

また安全評価が高いデュアルカメラブレーキサポートを軽自動車で初採用しました!

今回はそんなスズキ 新型スペーシアのフルモデルチェンジ情報をお伝えしたいと思います♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型スペーシアでは新開発プラットフォーム採用!

2dc950e1

現行アルトに採用されている新プラットフォームで、アルトでは60キロもの軽量化に成功したシャーシを、新型スペーシアのフルモデルチェンジで採用されます。

補強部品を減らし、板厚も薄くしながらも骨格部を連続化することで剛性感を確保しているのが特徴で、従来のプラットフォームにたいして曲げ剛性、ねじり剛性とも約30%向上!

このようにスズキ自慢の軽量・剛性を両立したものを2018年販売予定の新型スペーシアは開発されています!

現行型スペーシアの車両重量は最軽量で840kgになっていて、フルモデルチェンジでは800kg以下になるようです♪

ライバルであるN-BOX・タントは軒並み900kg以上になっていますので、現行型でも十分軽いのですが、更に軽量化されます。

タント・N-BOXは2017年~2018年にかけてフルモデルチェンジが予定されていますが、車両重量では勝てないでしょう・・・

フルモデルチェンジで搭載されるエンジンは?

用意されるエンジンラインアップは現行型と同じくNA・ターボモデルの二種類になります。

基本的にR06A型エンジンを改良したものを搭載します。

  • 水冷4サイクル直列3気筒
  • 最高出力:52PS/6,500rpm
  • 最大トルク:6.4kg・m/4000rpm
  • 直列3気筒インタークーラーターボ
  • 最高出力:64PS/6,500rpm
  • 最大トルク:9.7kg・m/4000rpm

軽自動車ですので大きな変更はないでしょう。

新型スペーシアの燃費は?

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

現行型と同じように「Sエネチャージ」を採用してくるのは間違いないでしょう。

エンジンと同じく大きな変更点はないのですが、新開発プラットフォームを採用することで、現行JC08燃費32.0km/Lを上回ります!

新型スペーシアの予想燃費はJC08燃費33.0km/lが最低目標になっており、フルモデルチェンジでトールタイプ軽自動車の燃費最高を維持するでしょう。

新型タントでは32.0km/l・新型N-BOXでは30.0km/を目標に開発されていますが、新型スペーシアの車両重量やSエネチャージなどの組み合わせで発揮される燃費性能は超えれないでしょう。

装備はどうなる?

img08

スペーシア自慢の「デュアルカメラブレーキサポート」は当然採用される!

また現在ではメーカーオプションで用意されていますが全車標準装備になる可能性が高い。

  • 衝突軽減自動ブレーキ
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能

この装備を進化させて追従式オートクルーズ・車線維持ステアリングアシストなどを搭載するかもしれませんね。

タント・N-BONも同じようにこういった機能の追加が予想されますので、どのようにアドバンテージつけるか気になります!

01_02-1

ダイハツが新発売した「ムーヴキャンバス」で軽自動車初採用のステアリング操作連動「AFS」なども新型タントでは採用される見込みなので、同じようにLEDヘッドライトなど先進装備の搭載も検討されているだろう!

LEDヘッドライトって明るいの?HIDとの比較・実際に装着してみた!

またスペーシアのユーザーには女性が多いので駐車時に安心な360度パノラマビューカメラもオプションで用意されれば、キャンバスのように人気になるのでは?

フルモデルチェンジ後の価格や発売日は?

スズキは燃費不正問題によってワゴンR・スイフトなどの車種の販売スケジュールが遅れているので、新型スペーシアもその影響で販売がずれ込んでいます。

予想発売日は2018年1月頃を予定しています!

2017年~2018年はライバル車もフルモデルチェンジを控えていますので、各社どのように勝負するのか気になりますね!

ライバルたちはどう進化する?

ここで2017年~2018年にフルモデルチェンジされるダイハツ「タント」・ホンダ「N-BOX」の情報も簡単にお伝えします!

03

新型N-BOXの発売予定2017年末になっており、デザインはコンセプトキープになります。

またプラットフォーム改良によって乗り降りしやすいボディになる!また燃費もリッター30.0km/l以上を目標にしています!

安全装備ではホンダセンシングを搭載することで、スペーシアのデュアルカメラブレーキサポートに対抗します♪

価格はホンダセンシング搭載の関係上、現行型よりも5万円~10万円の値上げになります!

詳しい内容は以下から↓

2017年 新型N-BOX フルモデルチェンジ!ホンダセンシング搭載・燃費・価格・発売日は?

007_o

新型タントは2017年末~2018年はじめ頃の登場予定です。

N-BOXと同じくプラットフォーム改良されることで低床化にともない乗り降りや走りが改良されます。

また燃費性能もリッター32.0km/lを目標に開発

安全装備は「スマートアシスト3」に進化する見込みになっています。

こちらの販売価格も現行型より10万円程度値上げ

詳しい内容は以下から↓

2017年 新型タント・タントカスタムにフルモデルチェンジ!燃費・価格・エンジン・装備はどうなる?

情報まとめ

「2018年スズキ 新型スペーシア フルモデルチェンジ!エンジン・燃費・価格・装備・発売日は?」はいかがでしたか?

まだまだ情報が少ないスペーシアですが、新型ワゴンRが販売されれば、それに準じた装備などがスペーシアにも採用されるでしょう!

スペーシアは女性ユーザーをターゲットにしていて、先日発売されたムーヴキャンバスにお客さんをとられています・・・

ダイハツ新型トールワゴン「ムーヴキャンバス」 2016年9月に新発売!!

ムーヴキャンバスは女性に優しい装備を充実させながら価格上昇を抑えているモデルです!

型スペーシアがフルモデルチェンジどう変わるか今から楽しみですね♪

また最新情報が入り次第お伝えしますので待っててください!

スズキ 新型ワゴンR フルモデルチェンジ!ハイブリッドと新開発プラットフォーム採用か?

スズキ 新型スイフト 2017年4月フルモデルチェンジ!ハイブリッドも登場・装備・エンジン・価格は?

スズキ新型ソリオに本格ハイブリッド搭載して2016年11月に新発売!気になる燃費と価格は?

遂に出るか!?新型スズキ「カプチーノ」・エンジン・価格・発売時期は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です