三菱 新型パジェロのフルモデルチェンジは2017年後半~2018年?プラグインハイブリッド設定か!?

シェアする

001_o

三菱が販売するオールラウンドSUV「パジェロ」は高い走破性能が人気の車です。

三菱のフラッグシップSUVなのですが、現在では小型クロスオーバーSUVのRVR・アウトランダーのフルモデルチェンジを優先としているため、新型パジェロの登場は早くて2017年後半から2018年になっています。

またパジェロは開発中止とのアナウンスがありましたが、コンセプトモデルからの見直しになるようでブランドは消滅しないようです!

今回は判明している新型パジェロの情報まとめてみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フルモデルチェンジでプラグインハイブリッド搭載?

004_o

三菱が「MITSUBISHI GT-PHEV Concept」の発表を行いましたが、これが新型パジェロの基本になるのではないでしょうか?

詳しい情報は今月9月29日から開催されるパリモーターショーにて発表されるよていです!

トリプルモーター方式のプラグインハイブリッドEVシステムの新開発システムが採用される予定になっており、航続距離1,200km以上を実現する!

またEV走行は120kmを可能にしており、近所程度ならばガソリンを消費しなくても行けますね♪

これは運転者のドライビングスキルや天候に左右されることなく制御することで実現しています。

専用エンジンも新開発!4WDにも注目

発電量や動力性能が高いPHEV専用エンジン・高効率トリプルモーター・大容量駆動用バッテリーなどの組み合わせがシステムの基本なっています!

特に専用エンジンは気になります♪

主な役割は発電用で駆動する設計になっているのでしょうが、オフロード走行にも十分通用する動力性能も発揮できるようです。

また4WDシステムはフロント1基・リア2基のモーターで構成されたもので「S-AWC(Super All Wheel Control)」が採用されます。

高度な制御技術でどんな走行シーンでも安心して走ることができます♪

ガソリンモデルはどうなの?

プラグインハイブリッドが注目を集めますが、ガソリン・クリーンディーゼルもラインナップされます。

クリーンディーゼルは環境性能を向上させたものが搭載されるみたいです。

ガソリンモデルは、3.0リットル V型6気筒スーパーチャージャー:JC08燃費15km/lを目標に開発が進んでる。

情報まとめ

「三菱 新型パジェロのフルモデルチェンジは2017年後半?プラグインハイブリッド設定か!?」はいかがでしたか?

燃費不正問題でフルモデルチェンジ予定だった時期がずれ込んでいるとされている三菱ですので、管理人の予想は2018年頃になってしまうのではないかと思います。

いずれにせよ、今回の偽装問題でメーカーとしての信用が落ちていますので、魅力的な車をラインナップしていかないと厳しい・・・

三菱車はアウトドアに心強い車が多いので宣伝方法などしっかりやれば売れると思いますので頑張ってほしいですね。

期待のフルモデルチェンジ!三菱 新型デリカD:5 のエンジン・価格・発売時期は?

2017年 待望の新型パジェロミニがフルモデルチェンジ!燃費・価格・エンジンは?

実際に車一括査定を申し込んでみた!一番高い買取業者は!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です